空き家を相続した場合に、ご兄弟による共有状態となることが多くあります。3人兄弟が1軒の空き家を相続した場合、所有権を3分の1ずつ持つわけですが、共有物の売買契約・改築などは全員の同意が必要となり、共有者と疎遠であったりトラブルがあると、空き家を放置するしかなくなってしまうのです。弊社では共有持分の売却についてもご相談いただけます。共有物件を所有で何とかしたいと感じている方は、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。